近ごろのある政治マイホームの現金インスピレーションについておもう振舞い

近頃居残る政治実家のキャッシュ感触ついて知らせや紙面をにぎわしていますね。
とある週刊詩にものりました。各週日曜日には湯河原の別荘に公用自動車で行くとか。
その方がすくすくして公務ができるのだとか。
しかし、大して遠い別荘に各週出掛けるのは如何な存在でしょうかね。
一旦公用自動車は頑丈でテロ戦略等も取られいるのだから、安全の面ではいいのでしょうが。
何かあった時折アッという間に帰ることができませんね。

また木更津のいらっしゃる宿屋のリッチ客室で協議をやったとか。
それに世帯も便乗したとか。それも正月だのことです。
こうしたときに協議を吊り上げる存在でしょうかね。
それが何回も染み渡るとか。
またその経費を政治元本から支出したとか。
これは明らかに公私混同でしょう。
このくらいの政治実家にとっては自分のお金で何とかなる賃金でしょう。
なにかみみちいとしかいいみたいはありませんね。
元手に耐えるわけではないでしょう。
通年なん千万円ももらっているのでしょうから。

またいる品名のポーチを買ったとか。それも3万円くらいだとか。
その出費も政治元本から出しているとか。
そういったキャッシュ感触はどうなっているのでしょう。
まだまだ一般の人とは異なるように思えます。ミュゼ 鼻下だけ