働き手に間違われるのです

お売り場でしばしば人員に間違われてしまう。内装企業、CD企業、レンタル屋くん、カフェ・・お売り場を並べてみると知るのですが、そんなお売り場の人員って、白いシャツに黒いパンツですね。正しく自分も、モノトーンの取り合わせが好きで、それに迫る形をしているのです。間違われても仕方ないですね。「ごめん、○○はどこにありますか?」とか「禁煙席は何れですか?」とか「便所は何処?」とか、そう聞かれて、「いえ、個人は店員じゃないので」なんて答えるのは野暮ですよね。答えられる事件だったら、ちゃんと教えてあげますよ。そういったときは、すでに店員になりきって、言葉から自分のこなしまで、一概にやります。お客様はこちらのことを完全に人員ですからね。いい加減な対応したら、お売り場の想像が悪くなってしまいます。前に、おお爺さんに「便所は?」を聞かれて、付き添って行ってあげたこともあるのです。キレイモ 9500円

DreamHack Summer GODSENT vs Immortals

準決勝の1コンペティション視線は実際手堅く繁盛あがってきたGODSENTと、敗者周囲トーナメントでSKを下したImmortalsの対戦。
さすがGODSENTが買い得だが、スキームで固める対戦方を繰り広げてきたGODSENTに対しては正攻法で攻めるImmortalsがそれ程やりにくい彼氏かもしれない。

Immortalsはそれほど流暢とは言えない対戦が続いていたが、SK戦では大変飛び切りの良さが覚えるコンペティションだった。
元々BR勢の強さはベーシックなスキームに加えて個人技のアドリブが加わって目算不可能動きになることです。
スモークにわざわざ突っ込んだり目の前で待ったりというのは意表を付くことはわかっていても全然のそれぞれ手並みがないとさっそくできるものではない。
いくらGODSENTが促進を読んだとしても、そういった部分では各々の団員の瞬間的な決定がものを言うだけに打ち破る恐怖は十分に残る。

とはいえ、やはり大元のスキームでは圧倒的にGODSENTが買い得。
制圧は取れているし、死角が薄いフォーメーションは相手に個人技で健闘させることを押さえる感想が硬い。
GODSENTが優勢だが、今までで一番わからないコンペティションと個人的に予想している。http://www.912inc.co/